松浦はこ(まつうら はこ)

漫画家。神奈川県在住。

ホームセンター本部の販売企画室でPOP・広告・店内掲示等の販促物作成を10年担当する。並行して漫画の制作にも意欲的に取り組み、集英社の漫画賞で準入選、デビュー。読み切り作品の掲載や、ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)での連載作品のネーム構成を手がける。

2016年より独立し、以降はフリーランスの漫画家として、かねてより興味のあった広告漫画・ビジネスコミック・イラストレーション等の分野に活躍の場を広げ、多数手がけている。

販促物制作と商業漫画制作の両方の経験を活かし、「長すぎないセリフ」「メリハリのある構図」「視線誘導を意識した画面」といったスキルを広告漫画に組み込んでいる。また、会社員出身の作家として対企業のコミュニケーションに自信があり、取材対応も可能。制作会社とタッグを組み、大手企業や多種多様な分野の漫画制作に関わることも。

作風は万人向けの絵柄で、特に「わかりやすさ」「読みやすさ」に重点を置いた漫画に定評がある。